1. HOME
  2. >
  3. 今年の開催/参加パティシエ

開催概要

開催日 2015年11月15日(日)
時間 1st 12:45open/13:30start
2nd 16:45open/17:30start
会場 クラブeX/品川プリンスホテル>詳しくはこちら
(東京都港区高輪4-10-30)
アクセス 新幹線・JR線・京急線の品川駅(高輪口)から徒歩約2分。
定員 600名(300名×2回公演)
入場料 8,000円(税込)※オリジナル・スイーツ生菓子、TSC特製オリジナル焼き菓子セット付
主催 Tokyo Sweets Collection 実行委員会
企画制作 エーエスピー
総合プロデューサー 大橋健二 ププリエ オーナーシェフ
特別協賛
協賛
協賛 日比谷花壇、関東商事 スフレ、不二製油、正栄食品工業、埼玉ベルエポック製菓調理専門学校、
東京スイーツ&カフェ専門学校、大宮スイーツ&カフェ専門学校、横浜スイーツ&カフェ専門学校、
タカナシ乳業、森永乳業、東光、タカ食品工業、ADEKA、Jオイルミルズ、ドーバー洋酒貿易、
日本製粉、池伝、中沢乳業、丸進商店、青果卸売 エフブイ商事、日清製粉、イワセ・エスタ、
栗原商事、ルーツ貿易、傳馬屋、株式会社メディデント、鉾田市

一般販売: 2015年9月13日(日)〜完売次第終了
※参加パティシエは都合により変更になる場合がございます。
※料金内にはスイーツ、ドリンク、オリジナル焼き菓子セットが含まれます。
※未就学児童(小学生未満)の入場はご遠慮下さい。
※座席は2名席および4名席となります。3名様、4名様でも残席数の状況で2名席でのご案内となる場合もございます。上記も含め1名様、3名様でご来場される場合は、テーブルが離れたり、お一人様が他のお客様とご相席になる場合がございます。
※当日催事内で提供される菓子類についてはアレルギー対応しておりませんので各自でご対応ください。
※開演時間内に提供されるケーキ類はお持ち帰りできません。
イベントに関するお問合わせ Tokyo Sweets Collection 事務局(平日10時〜17時)
TEL:03-6661-1430 e-mail:info@tokyosweetscollection.com

参加パティシエ

和泉 光一 和泉 光一
Koichi Izumi
和泉 光一 神田 広達
Koutatsu Kanda
アステリスク
(東京・代々木上原)
オーナーシェフ
>オフィシャルホームページ
ロートンヌ
(東京・新江古田)
オーナーシェフ
>オフィシャルホームページ
2005年 ワールドショコラマスターズ日本代表、総合3位。2006年WPTC日本代表キャプテンを務める。東京・調布の名店、サロン・ド・テ・スリジェ」のシェフ・パティシエを長年務め、2012年「ASTERISQUE」をオープン。 72年生まれ。東京都出身。コンクールのため渡仏を繰り返す。ジャンマリーシブナレル杯ショコラ部門受賞。その後もフランスはパリ、プロヴァンス地方などで開催されるコンクールで数々の受賞を果たす。帰国後、実家が経営する「ロートンヌ」を引き継ぎ、98年よりオーナーシェフに就任する。ニンテンドーDSソフトの監修や出版、オリジナルLINEスタンプの企画等、幅広く活躍中。
和泉 光一 髙木 康裕
Yasuhiro Takagi
和泉 光一 田中 二朗
Jiro Tanaka
菓子工房アントレ
(千葉・船橋)
オーナーシェフ
CALVA
(神奈川・大船)
オーナーシェフ
>オフィシャルホームページ
73年生まれ。千葉県出身。92年に渡仏。「プリンス・ド・フランス」にて修行。帰国後、97年に「アントレ」のチーフとして父より引き継ぐ。99年より5年連続ベルギーモンドセレクション世界大会ショコラ・コンフィズリー・サブレ部門最高金賞。他TVチャンピオン等で優勝。現在は、地元船橋の為の地域貢献活動にも力を入れている。2012年NPO法人TABLE FOR TWOのアドバイザーに就任。 79年神奈川県生まれ。2001年川村英樹氏に誘われ吉祥寺「パティスリーアテスウェイ」のオープニングスタッフとして働く。2007年渡仏。ノルマンディー地方ルーアンにある「パティスリーショコラトリージュリアン」にて初の外国人スタッフとしてシェフジュリアン氏に認められる。2009年地元大船にPatisserieCALVAをオープン。WPTCアメ細工部門日本代表の他、多くのコンクール受賞歴を持つ。
鎧塚 俊彦 鎧塚 俊彦
Toshihiko Yoroizuka
Toshi Yoroizuka
(東京・恵比寿)
オーナーシェフ
>オフィシャルホームページ
8年間ヨーロッパで修行を積み、パリでのコンクール優勝。欧州で8年間修行の後、04年、東京・恵比寿に「ToshiYoroizuka」オープン。現在都内4店舗、小田原1店舗を展開。09年エクアドルにカカオの自社農園を開設。素材からの菓子づくりに挑戦中。

参加パティシエ

松島 義典 松島 義典
Yoshinori Matsushima
白鳥 裕一 白鳥 裕一
Yuichi Shiratori
名古屋マリオットアソシア ホテル
(愛知・名古屋)
製菓料理長
>オフィシャルホームページ
キャトーズ・ジュイエ Tokyo
(東京・丸ノ内)
オーナーシェフ
>オフィシャルホームページ
洋菓子店を営む家庭に育った、筋金入りの菓子職人。「芦屋パティシエ・ドゥ・ミシェル」「京都センチュリーホテル」,「大阪全日空ホテル・シェラトン」,「パティスリーフリアン」「大阪都ホテル」などを経て、1999年「名古屋マリオットアソシアホテル」製菓料理長に就任。洋菓子界のワールドカップ「クープ・ド・モンド」個人の部門で1位を獲得した。 65年生まれ。埼玉県出身。「欧風菓子クドウ」、「アルパジョン」を経て89年に渡仏。パリの「デュティル」、「ルーソー・エ・スール」で修業の後帰国し、91年に埼玉県越谷市に「フランス菓子キャトーズ・ジュイエ」をオープン。07年4月、丸の内新丸ビルB1に「キャトーズ・ジュイエTokyo」をオープン。
鎧塚 俊彦 KUNIKA

スイーツアーティスト
日本菓子専門学校卒業後、マンダリンオリエンタル東京でパティシエとして修行したのち、スイーツアーティストとして独立。 撮影・展示用のシュガーケーキや生ケーキ、アイシングクッキー、オブジェや衣装製作、イラスト、ウェディングコーディネート、アパレルブランドやファッションモデルとのコラボレーションなど、多方面で活動中。 自身の感性を通してスイーツをアートに落とし込み、新たなジャンルを広げている。
https://instagram.com/_kunika_/

参加パティシエ

参加パティシエ

天津憂デザイナーが手掛けるHANAE MORIの新ライン「Hanae Mori manuscrit」。「Tokyo Sweets Collection2015」とのコラボレーションでは、デザイナーとパティシエによる「1/365~誕生~」をテーマにした新作を11月15日(日)のイベント内で発表致します。また、スイーツ×ファッションのショーステージも展開します。
■ブランドコンセプト
manuscrit(マニュスクリ)とはフランス語で「手書き」「原稿」という意味があります。 「手書きの書」というものは絵を描く、もしくは服を創ることと同じアートスタイル。 古代エジプト、メソポタミアの「手書きの書」は、書士と呼ばれる尊厳を持った指導者により書かれたものでした。 また、時を通じ、それぞれの時代の冒険が「手書きの書」として残され、その「手書きの書」は永遠のロマンであり、エレガンスのシンボルとなりました。 「手書きの書をしたためる」ということは、「手で創る」というハナエモリのクリエーション哲学に通じるものであり、 私達はこの意を込めて - manuscrit マニュスクリ - をブランド名に託しました。ブランドの基本概念である、「品・華・凛」を今の時代に繋ぐ、Hanae Mori manuscrit。 ブランドのベースにある永遠のテーマ『エレガンス』を基本に、 シルエット、ディテール、グラフィックをデザイン。ブランドアイデンティティーである「蝶」をアイコンに、あらゆるシーンで活躍する女性にフォーカスした新しいワードローブです。
■デザイナー
天津 憂(あまつ ゆう)
2002 年よりフリーの衣裳デザイナーを経て、単身New York へ。自身のブランドa degree を発表。パターンにこだわりを持ったコレクションを展開。2007~2010New York コレクションブランド Jen Kao にて、メインパタンメーカー、デザイナー勤める。同時期にコスチュームデザイナーとして、Patti Smith, Flo Rida などのCD ジャケット、PV の衣装を担当。2010 年JFW のshinmai creator' s Project2010-11AW に選出され帰国し東京コレクションデビュー。株式会社212 を設立し、 A DEGREE FAHRENHEIT をスタート。メンズ、レディースともに展開。


参加パティシエ